メルカリShops

1 / 8

【ハンドメイド】パッシブDI・ダイレクトボックス 500kΩ:1kΩ ST-14

¥8,000

送料込み(出品者負担)

在庫残り1点

商品の説明

無電源で動く「パッシブDI・ダイレクトボックス」を作ってみました。サンスイのトランスST-14を使ってなんと!、入力インピーダンス500kΩでハイインピーダンス信号を受け取れます。つまり、ギターやベースなどのパッシブPUからの信号を直接、録音機材へ繋げちゃうんです!ちなみにDIって何?って方にも分かるような解説を心がけてますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。

1. DI(ダイレクトボックス)の役割
DIの役割は主に次の3つが挙げられます。

 ① インピーダンスの高い楽器の出力をローインピーダンスへ変換
 ② アンバランス信号をバランスアウトへ変換

①は、ギターやベースなどのPU信号はハイインピーダンスため、そのまま録音機材へ繋ぐと高域が劣化したり、ノイズ発生してしまうといった問題が生じます。そこでローインピーダンスへ変換することで、音質をそのまま維持してノイズに強い信号になり、キレイに録音できるようになります。②は長いケーブルになった時にとくに重要で、バランス信号にすることでノイズに強くなります。このことは後ほど詳しく解説します。他にも、録音機材とのグラウンドループをカットする機能だったり、録音機材とギターアンプへの信号を分岐する役割があったりします。ちなみにDIはダイレクト・インジェクションの略です。

2. パッシブDI ST-14の仕様
パッシブDI ST-14の仕様を解説します。ケースの中には、トランスが1つ入っているだけです。サンスイのインプットトランスとしてリリースされているST-14です。

ST-14・・・インピーダンス・・・巻線比
1次・・・500kΩ・・・22.4
2次・・・1kΩ・・・1

1次側が500kΩもあるのでこちらを入力とすれば、ギターやベースなどのハイインピーダンス信号を受けれます。また2次側を出力とし、1kΩの出力インピーダンスであれば、録音機材へそのまま接続できます。
▼ エフェクター後の信号出力をバランス変換したい場合は、入力インピーダンス100kΩのこちらDIがおすすめです。
https://mercari-shops.com/products/qEmuc8sA2M5CszWbxuoLHC

さて、参考に製作したパッシブDIの回路図を載せておきます。市販品のようにGNDオープンやAMPスルーアウト機能はありませんが、その分とてもコンパクトなDIを作ることができました。XLRコネクタに改造する場合は、HOTを2番にSLEEVEを3番に接続します。ケースは小型アルミダイキャストを使用、サイズは約93×36×35mmです。安定のノイトリックのステレオフォーンジャックで入出力を実装しました。トランス鳴きが起こらないように、トランスは接着剤でシャーシに固定してあります。

3. パッシブDI ST-14の音色・特徴
パッシブDI ST-14の音色を比較した動画を公開してますのでご参考ください。
https://www.youtube.com/watch?v=RmpsHmYEeZ0&ab_channel=ARAGI

トランスを使ってしまうと「古臭い音」になると思っていましたが、そんなことはまったくありません。高域まで伸びており、非常に抜けの良いサウンドです。特にギターで使うと相性が良さそうです。ベースで使う場合には少し注意が必要で、というのもST-14の周波数特性が左肩下がりなので低音域が少し削られてしまいます。気になる方はアクティブDIを使いましょう。ソロベースとして使う分にはむしろこのパッシブDIがマッチすると思います。

また、使用上の注意点があります。それは出力信号が小さいということです。ST-14では、巻線比が約22倍ですから電圧も1/22に減衰して信号が小さくなってしまいます。よって録音機材でゲインを稼がなければいけないのですが、実際録音してみると40dB以上は増幅しないと厳しいです。また録音機材によってはゲインをあげるとヒスノイズが目立ってしまうものがあるので、それなりのスペックが録音機材に要求されます。動画の録音ではZOOM H5を使って、ソフト側でノーマライズして音量を調整しました。ちなみにZOOM H5の入力ゲインは55dBあります。

パッシブDI ST-14の音色・特徴をまとめます。

 ① ギターやソロベースに最適!
 ② 録音機材で40dB以上増幅が必要


4. パッシブとアクティブの違い
パッシブがあればアクティブもあります。パッシブとアクティブの違い、電池駆動か電池なしで駆動かの違いです。製品製で有名なダイレクトボックスとして、カントリーマンのTYPE85や、BOSSのDI1が挙げられます。スタジオやライブハウスで、一度は見かけたこともあるのではないでしょうか?これらのダイレクトボックスは電池で駆動する、つまりアクティブ機材になります。ここで紹介するDIは電池なしで駆動するパッシブ機材です。


5. バランス伝送がノイズに強い理由
最後にDIの機能の重要な特徴でもあります「バランス伝送」について解説してみたいと思います。バランス伝送では次の3つの線で信号を送ります。

 ① 送りたい信号
 ② GND(アース)
 ③ ①の位相を180度ずらした逆相の信号

①をHOT、②をGND、③COLDと名付けられています。そのHOTとCOLDの信号の波形が図1の上のグラフになります。このバランス信号を受け取る時がポイントでして、信号を受けとる側の機材ではCOLDの位相を再び180度ずらして反転させ、元のHOT信号と同じ形に戻します。そして、HOTとCOLDを足し合わせます。図1の下のグラフ。すると、HOTの2倍の信号電圧が得られます。電圧が高くできることだけがバランス伝送がノイズに強いという理由な訳ではありません。

では、バランス伝送がノイズに強いのでしょうか?

空気中にはさまざまな電磁波ノイズが飛び交っている現代です。そんな中、信号を伝送する途中でケーブルにノイズが混じったとしたらどうでしょうか。この時ノイズは、HOTとCOLDとも同じ位相で乗るはずです。図2の上のグラフ。入力側の機材では、COLDを逆相にして、HOTとCOLDを足し合わるのでした。図2の下のグラフのように、COLDのノイズは位相が反転してしまいますから、HOT側のノイズと打ち消し合う形になります。つまりノイズを打ち消しつつ、元の信号だけを伝送できるワケです。このことが、バランス伝送がアンバランス伝送よりもノイズに強いと言われる理由になります。ちなみにバランス伝送は「平衡信号」などとも呼ばれます。

ダイレクトボックス自体は音色変化が乏しいので地味な機材かと思われるかもしれませんが、その役割を知っているととても重要であることが分かっていただけたかと思います。録音なさる方はぜひ、DIにもこだわってみてはいかがでしょうか。

6. その他
丁寧に梱包した上で、迅速に配送いたします。送料負担はこちらで負担いたします。
他にもDIやバッファエフェクタを多数販売しております。ぜひショップのトップページをご覧ください。

1,714,571,166,000 日後

商品の情報

商品の状態
未使用に近い
配送料の負担
送料込み(出品者負担)
配送の方法
らくらくメルカリ便
発送元の地域
東京都
発送までの日数
1〜2日で発送

ショップ情報

このショップの商品


ショップへの質問

ショップの商品にはコメントできませんが、ショップ出店者とダイレクトメッセージができます